登戸 整体

登戸 整体

登戸 整体

 

 

(緊張が)ひどかったです」と重圧で疲れきった表情。九回のマウンドを託された西野も「僕も吐きそうでした。

 

それでもなんとか三者凡退に打ち取り「最高です」と、ほっとした表情を見せた。続いて西は「則本がすごくいいピッチングをしていたので、なんとか(無安打で)つなげてよかった」と大歓声に応えた。

 

明るい表情で受け答えした則本、西とは対照的に極度の緊張に苦しんだのは終盤を任された2人。八回に登板した牧田は「ブルペンで吐きそうだった。

 

2番手のオリックス・西勇輝(24)が2回無安打でつなぐと、八回は西武・牧田和久(30)、九回はロッテ・西野勇士(23)が無安打に抑え、4投手のリレーで全日本を含めた日本代表として初の偉業を達成した。歴史的快挙を達成した4投手による異例のヒーローインタビューが実現した。

 

(捕手の)嶋さんがいい配球をしてくれたので、ミットめがけて投げるだけだった」と笑顔で振り返った。(九回までに)ヒットが出てくれないかと思っていました」と思わず本音がポロリ。

 

2四球で一死一、二塁のピンチを招いてしまい「どうなるかと思った」とピンチの場面を思い出し、冷や汗をかいた。日米野球第3戦(侍ジャパン4−0MLBオールスター、侍ジャパン3勝、15日、東京ドーム)開幕から2連勝中の侍ジャパンが、メジャー軍団相手にノーヒットノーランの快挙を達成した。

 

先発の楽天・則本昂大(23)が5回完全投球を披露。まずは先発した則本が「人生最高のピッチングができた。